基本診療料の施設基準等及びその届出に関する – 基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて

[PDF]

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成30年3月5日保医発0305第2号) 第2届出に関する手続き 4届出に当たっては、当該届出に係る基準について、特に規定する場合を除き、届出前1か月の 実績を有していること。

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成30年3月5日保医発0305第2号) 最終更新:平成30年11月19日保医発1119第5号 [更新履歴]. 標記については、本日、「診療報酬の算定方法の一部を改正する件」(平成30年厚生労働省告示第43号)の公布に伴い、「基本診療料

都道府県及び事業者から提供される情報を随時更新し、掲載しています。 医療 – 基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて

[PDF]

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(抜粋) 第20 医療安全対策加算 1 医療安全対策加算1に関する施設基準 (1) 医療安全管理体制に関する基準 ア 当該保険医療機関内に、医療安全対策に係る適切な研修を修了した専従の看護

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(平成30年3月5日保医発0305第2号) 「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の一部改正について(平成30年11月19日保医発1119第5号)

[PDF]

なお、従前の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成2 8年3月4日保医発0304第1号)は、平成30年3月31日限り廃止する。 記 第1 基本診療料の施設基準等

特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成30年3月5日保医発0305第3号) 最終更新:平成30年10月9日一部訂正事務連絡 [更新履歴]. 標記については、本日、「診療報酬の算定方法の一部を改正する件」(平成30年厚生労働省告示第43号)の公布に伴い、「特掲診療

基本診療料の届出様式(平成26年度診療報酬改定) 届出を行う施設基準の様式をクリックすると、ファイルが展開しますので、ご活用ください。 作成にあたっては、通知「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」等に従って

138 行 · 関東信越厚生局 > 申請等手続き > 施設基準の届出等 > 基本診療料の届出一覧 基本診療料

整理 番号 受理 番号 施設 基準 通知 様式のダウンロード(施設基準等名称)
1-1 機能強化 別添1 1の2 機能強化加算
1-2 歯初診 別添1 2の7 歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準
1-3 時間外1 別添1 2 時間外対応加算1
1-4 時間外2 別添1 2 時間外対応加算2

kouseikyoku.mhlw.go.jpに関する全 138 行を参照

基本診療料の施設基準等の一部を改正する件(告示) 平成30年 厚生労働省告示第385号 pdf [819kb] 4 「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の一部改正について(通知) 平成30年11月19日 保医発1119第5号 pdf [121kb] (4) 1

[PDF]

なお、従前の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成18 年3月6日保医発第0306002号)は、平成20年3月31日限り廃止する。 記 第1 基本診療料の施設基準等

[PDF]

なお、従前の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成2 8年3月4日保医発0304第1号)は、平成30年3月31日限り廃止する。 記 第1 基本診療料の施設基準等

[PDF]

なお、従前の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成22 年3月5日保医発0305第2号)は、平成24年3月31日限り廃止する。 記 第1 基本診療料の施設基準等

[PDF]

特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成30年3月5日保医発0305第3号) 第2届出に関する手続き 4届出に当たっては、当該届出に係る基準について、特に定めがある場合を除き、実績期間を要 しない。

[通知]第2 病院の入院基本料等に関する施設基準第2 病院の入院基本料等に関する施設基準病院である保険医療機関の入院基本料等に関する施設基準は、「基本診療料の施設基準等」の他、下記のとおりとする。1 病棟の概念は、病院である保険医療機関の各病棟における看護体制の1単位をもって

別添6 別紙 <通則> 医科診療報酬点数表に記載する診療等に要する書面等は別紙のとおりである。なお、当該別紙は、参考として示しているものであり、示している事項が全て記載されていれば、当該別紙と同じでなくても差し支えないものであること。

[PDF]

いては、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」別添3の第 1の1の(11)と同様であること。 2 届出に関する事項 保険医療機関の屋内における禁煙の取扱いについては、当該基準を満たしていればよく、特に

[通知]第3 届出受理後の措置等 第3 届出受理後の措置等 1 届出を受理した後において、届出の内容と異なった事情が生じ、当該施設基準を満たさなくなった場合又は当該施設基準の届出区分が変更となった場合には、保険医療機関の開設者は遅滞なく変更の届出等を行うものであること。

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成30年3月5日保医発0305第2号) 最終更新:平成30年10月9日一部訂正事務連絡. 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成30年3月5日保医発0305第3号)

この記事は厚生労働省発表資料特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)-平成30年3月5日-保医発0305第3号からの引用です。(600ページ中、223-236p)※このファイルのある場所(上記ページの)→第3

キーワード:基本通知 基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成28年3月4日保医発0304第1号) 最終対応:平成28年7月27日訂正事務連絡(当サイトの対応履歴) 標記については、本日、「診療報酬の算定方法の一部を改正する件」(平成28年厚生労働省告示第52

(問2)「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成28年3月4日付保医発0304第1号)別添7様式9から9の4における「1日平均入院患者数」の算出において、退院日の患者

[通知]第1 入院基本料(特別入院基本料及び月平均夜勤時間超過減算(以下「特別入院基本料等」という。 )を含む。 )及び特定入院料に係る入院診療計画、院内感染防止対策、医療安全管理体制、褥瘡対策及び栄養管理体制の基準 に やまだ としこ より

基本診療料の施設基準等. [通知]基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて また、様式については褥瘡に関する危険因子評価票と診療計画書が別添6の別紙3のように1つの様式ではなく、それぞれ独立した様式となっていても

レセプト算定ナビのe-診療報酬点数表2018では平成30年版医科点数表(基本診療料の施設基準等)のほか、算定点数、厚労省告示、通知、施設基準、事務連絡(疑義解釈)等、基本診療料の施設基準等の届出に関する情報を掲載。改定情報も更新しています。基本診療料の施設基準等については

)の割合が別表2のとおりであること。ただし、産科患者、15 歳未満の小児患者、短期滞在手術等基本料を算定する患者及び基本診療料の施設基準等(平成 30年厚生労働省告示第44号)の別表第二の二十三に該当する患者は測定対象から除外する。

更新日:2018年10月12日. 基本診療料の届出様式(施設基準毎に必要な様式を掲載したもの) 施設基準等の届出については「 郵送 」でお願いします。 締切日直前に届出が集中することが予想されます。

基本診療料の施設基準等(平成20年3月5日厚生労働省告示第62号) 全部改正:平成26年3月5日厚生労働省告示第58号 最終対応:平成26年6月30日訂正事務連絡(当サイトの対応履歴)

レセプト算定ナビのe-診療報酬点数表2018では平成30年版医科点数表(基本診療料の施設基準等:病院の入院基本料等に関する施設基準(看護必要度加算及び一般病棟看護必要度評価加算を算定する病棟))のほか、算定点数、厚労省告示、通知、施設基準、事務連絡(疑義解釈)等、病院の入院基本

・基本診療料の施設基準等に係る届出書(別添7) ・オンライン診療料に係る届出書添付書類(様式2の5) なお、詳細については以下を参照してください。 「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」厚生労働省平成30年3月

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)2016年(平成28年)改定の医科・歯科・調剤の保険点数がネットで簡単に調べられる医療従事者(医療事務)のためのサイト。レセプトに役立つ点数表なら診療報酬どっとこむ!

[PDF]

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 平成24年3月5日保医発0305第2号 別添2 入院基本料等の施設基準等 第1 入院基本料(特別入院基本料(7対1特別入院基本料及び10対1特別入院基本料を含む。)を 含む。

キーワード:基本通知. 基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成26年3月5日保医発0305第1号) 最終対応:平成27年2月27日訂正事務連絡(当サイトの対応履歴)

ただし、平成24年3月31日において、改正前の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」第2の4の(2)ク「(イ) 看護補助者とみなす看護職員は、看護職員に係る勤務計画表から除外し、その人員を看護補助者として計上する。

レセプト算定ナビのe-診療報酬点数表2018では平成30年版医科点数表(基本診療料の施設基準等:病院の入院基本料等に関する施設基準(看護の実施))のほか、算定点数、厚労省告示、通知、施設基準、事務連絡(疑義解釈)等、病院の入院基本料等に関する施設基準(看護の実施)に関する情報を

[PDF]

次によるほか、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについ て(平成18年3月6日保医発第0306002号)」の別添2の第1の2及び3の規定に基 づき実施されるものであること。

キーワード:特掲通知 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (平成28年3月4日保医発0304第2号) 最終対応:平成28年11月17日訂正事務連絡(当サイトの対応履歴) 標記については、本日、「診療報酬の算定方法の一部を改正する件」(平成28年厚生労働省告示第52

・基本診療料の施設基準等に係る届出書(別添7) ・オンライン診療料に係る届出書添付書類(様式2の5) なお、詳細については以下を参照してください。 「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」厚生労働省平成30年3月

第3 診療所の入院基本料等に関する施設基準 診療所である保険医療機関の入院基本料等に関する基準は、「基本診療料の施設基準等」並びに第2の4の(1)のア及びイ、(2)のア及びオ、キの(イ)及び(ロ)、ク並びに(6)のア及びイの他、下記のとおり

ロ 地域一般入院基本料の施設基準 ① 通則 1 当該病棟において、一日に看護を行う看護職員の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が十五(地域一般入院料1及び2にあっては十三)又はその端数を増すごとに一以上であること。

(問10) 明細書発行体制等加算の届出には、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の別添7の様式2の2以外に、何らかの添付書類は必要なのか。【疑義解釈(その1)平成22年3月29日】 (答) 不要。

第1 基本診療料の施設基準等 基本診療料の施設基準等については、「基本診療料の施設基準等の一部を改正する件」による改正後の「基本診療料の施設基準等」(平成20年厚生労働省告示第62号)に定めるものの他、下記のとおりとし、下記の施設基準を歯科診療について適合する場合にあって

[PDF]

1.「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の一部改正に ついて (平30.11.19 保医発1119第5号 厚生労働省保険局医療課長 歯科医療管理官) 2.平成30年9月26日 中医協総会資料(総-3、総-3参考)

特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)2016年(平成28年)改定の医科・歯科・調剤の保険点数がネットで簡単に調べられる医療従事者(医療事務)のためのサイト。レセプトに役立つ点数表なら診療報酬どっとこむ!

[通知]基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて 第5 入院基本料の届出に関する事項 1 病院の入院基本料の施設基準に係る届出は、 別添7の様式5から11 までを用いること。

2 診療所の入院基本料の施設基準に係る届出は、別添7の様式5及び様式12から(12の2、12の3、12の4、12の5)様式12の6までを用いること。ただし、有床診療所(療養病床に限る。)の特別入院基本料の届出は、別添7の様式12を用いること。

6 基本診療料の施設基準等及び本通知において規定する診療科については、医療法施行令(昭和23年政令第326号)及び医療法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)の規定に基づき、当該診療科名に他の事項を組み合わせて標榜する場合も含むものであること。

[PDF]

特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて 標記については、本日、「診療報酬の算定方法の一部を改正する件」(平成30年厚生労働省告示第

平成30年度(2018) 診療報酬・保険点数・診療点数は今日の臨床サポートへ・一 総合入院体制加算の施設基準 (1)総合入院体制加算 1 の施設基準 イ 特定機能病院及び専門病院入院基本料を算定する病棟を有する病院以外の病院であること。 ロ 急性期医療を行うにつき十分な体制が整備されている

[PDF]

基本診療料の施設基準等の一部を改正する件 (通知)平成30年3月5日保医発0305第2号 基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて (告示)平成30年厚生労働省告示第45号 特掲診療料の施設基準等の一部を改正する件

「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」の一部改正について(平成30年11月19日保医発1119第5号)に対応しました。 データ提出関連の経過措置 ・第4 経過措置等 ・別添2 入院基本料等の施設基準等 > 第2 病院の入院基本料等に関する施設基準 ・別添4 特定入院料

具体的には、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」別添4の第17の2の(3)のイと同様であること。 イ 都道府県や医療機関等の要請に応じて、地域の精神科救急医療体制の確保への協力等を行っていること。

[通知]基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて 1 入院診療計画の基準 (1) 当該保険医療機関において、入院診療計画が策定され、説明が行われていること。

[PDF]

なお、従前の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成2 8年3月4日保医発0304第1号)は、平成30年3月31日限り廃止する。 記 第1 基本診療料の施設基準等

厚生労働省告示第四十四号診療報酬の算定方法(平成二十年厚生労働省告示第五十九号)の規定に基づき、基本診療料の施設基準等(平成二十年厚生労働省告示第六十二号)の一部を次のように改正し、平成三十年四月一日から適用する。

[PDF]

(問10)基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(平成22 年3 月5 日保医発0305 第2 号)別添7 の「様式13 の2」に「急性期看護補助体制 加算の届出を行う場合には、看護職員の負担の軽減及び処遇の改善の計画や評価等が

都道府県及び事業者から提供される情報を随時更新し、掲載しています。 医療 – 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて

(2) 認知症ケア加算の算定対象となる患者は、「「認知症高齢者の日常生活自立度判定基準」の活用について」(平成18 年4月3日老発第0403003 号)、「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成30 年3月5日保医発0305 第2号

施設基準 1.基本診療料に関する施設基準の届出 一般病棟入院基本料 急性期一般入院料1 診療録管理体制加算1 医師事務作業補助体制加算1 急性期看護補助体制加算3,4 看護職員夜間配置加算1 療養環境加算 重症者等療養環境特別加算

[PDF]

なお、従前の「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成16 年2月27日保医発第0227002号)は、平成18年3月31日限り廃止する。 記 第1 基本診療料の施設基準等